最近注目されている狭小住宅の魅力ってなに?

住居模型

間取りの工夫が必要

東京都内の土地は限られているため、狭小住宅を建築する場合も多くあります。狭小住宅であっても、計算されつくした設計を行うことで、圧迫感を感じずに快適な住まいを作り出すことができるのです。子供がいても荷物が多くても快適な住まいを造れるのです。

狭い家の良さ

積み木

アイディア力が大事

憧れの地である東京で一軒家を建てたいけれど、予算がなくて実現出来ないと悩んでいる人も多いです。中でも一軒家は、決して安くない買い物です。注文住宅であればなおさら、建て売りより値段はあがり手が出せないというパターンも多くあります。そのような人へおすすめなのが、狭小住宅です。狭小住宅とは、通常家を建てるのに必要な土地の坪数よりも、はるかに小さい土地に建てられた家のことです。東京という土地の高い街でも、狭小住宅であれば一軒家の建設が可能になるのです。狭小住宅を建設する際、もっとも大切なのはアイディアです。通常よりも狭い家になるぶん収納などのアイディア力が重要となります。例えば、吹き抜けを作って広く見せたり、屋根裏や床下に収納を増やし空間を有効活用するといった工夫です。そんな中でも、寝室とリビングを兼用にしたり、窓を大きくして広く見せる、といった方法もあります。このように狭小住宅であることを逆に利用し、遊び心溢れる素敵な家にしてみましょう。また、東京という人口密度の高い街では、最近では狭小住宅は珍しくありません。狭い家であるということはマイナスなことばかりではないのです。家が小さい分かかる税金も安くなりますし、ランニングコストもおさえられます。費用を抑えられた分、家具などを豪華にすることも可能というメリットもあります。夢の一軒家を、東京で建てるために狭小住宅という選択肢も視野に入れてみるとよいでしょう。

主婦

狭い土地の有効活用

東京の場合、土地単価も高く、住宅が建てられるような場所も少ないため、狭い土地や変形した土地に狭小住宅を建てています。狭小住宅では、上下の空間を上手に利用して広がりを持たせるとともに、耐震構造など強度面での注意が必要です。

一軒家

大家族向きのプラン

限られた土地を活用して、大家族が暮らせる住まいを新築する時には、狭小住宅に特化した東京の工務店に相談するべきです。変形地に住まいを建てる時には注文住宅が最適であり、完成してからも施工業者のサポートを引き続き受けることが重要です。